2017年10月01日

夏季うつの予防法

夏バテに似た時期に起こる夏季うつですが
ではどのように予防したらよいのでしょうか?

・日光の浴び過ぎ
 外出などで疲労感が蓄積すると、夏季うつになりやすくなります
 また日光の浴びすぎは疲労感が増し、体力を消耗します
 夏は海やプール、BBQとイベントがいっぱいですが日に当たらないように注意することも予防になります

・室温の設定
 夏季うつは気温や湿度などの外的要因が体に与える影響から発症するものなので、冷やしすぎず暑すぎず、湿度も多すぎずの気温を保つようにエアコンを上手に使いましょう

・栄養の偏り
 夏はどうしても冷たくてのど越しのいいものを選びがち。栄養が偏ってしまうと体内でセロトニン不足を招くことに。セロトニンとは、精神の安定を促す神経伝達物質。このセロトニン不足すると、精神状態に不調が出やすくなってしまいます。冷たい麺類など炭水化物だけに食事が偏ることがないように、肉・卵・チーズなどのたんぱく質も積極的に摂取していきましょう

・寝る前のスマホ&PC利用
 寝る前にスマホやPCの画面を見ていると、脳が刺激され、本来は脳を休めるべき時間に興奮状態になってしまいます。そうすると、自律神経のバランスが乱れ、うつ症状を招きやすくなります。寝る2時間前からのスマホやPCは極力控えましょう
 
posted by めいたろう at 00:00 | 心の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月11日

夏季うつの特徴

夏季うつの特徴
・発症する時期5〜9月
・食欲低下
・不眠

ここまでだと夏バテと同じなので
夏バテだと勘違いしてしまうひとがほとんどですが
これらに加えて

・やる気がでない
・楽しめない
・気分の落ち込み
・極度の不安感
・男性に比べて女性の方がなりやすい

女性の方が男性に比べて3倍ほど多いと言われています。
これは女性ホルモンの変動に加え、
太陽光や温度・湿度といった外側から受ける影響に
女性の体の方が敏感なことが原因として挙げられているようです
posted by めいたろう at 00:00 | 心の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月11日

最近多い夏季うつについて@

暑いですね・・・
夏なので仕方ないのですが暑すぎてやる気も出ないし
夜もちゃん眠れていないのか、身体もだるいです

日照時間も短い冬は、確かに気分も暗くなりがちで
うつ病になりやすいということは以前から言われていましたが
最近では季節性のうつ病には、夏に発症する『夏季うつ』も存在する
という精神科の意見もあります

うつ病には何かしら発症の引き金となる原因があるものですが、
特に思い当たるストレスの原因が無く、
決まった季節にだけ症状が表れるものが季節性感情障害に当たります

夏バテと勘違いしてながらくほおっていくことにより
うつが進行して悪化してしまう場合もあるとのこと

どんな症状が出るのかまとめてみます
posted by めいたろう at 13:35 | 心の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月09日

低血糖とうつ病の関係B

もしもうつ病だと思っていたものが
前回の記事の通り
低血糖の症状だとしたら?

それは食事を改善することで
イライラや不安感などを解消することができます

食べないほうがよいもの
・甘いお菓子
・スナック菓子
・インスタント食品

では何を食べたらよいか?
・野菜
・ナッツ類(ノンフライのもの)
・玄米ご飯

もしも甘いものが食べなくなったら
ドライフルーツを少量や
はちみつを入れた飲み物などにして
糖分をとりすぎないように気をつけましょう

posted by めいたろう at 00:00 | 心の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月01日

低血糖とうつの関係A

血糖値が下がり過ぎるガス欠状態だと
車が全く動かない状態になってしまいます。

そうなると命の危険に関わるため、
身体は何とかして血糖値を上げようとします。

そこで、副腎からアドレナリンを出し、
肝臓に蓄えられているグリコーゲンを糖質に変えて、
血糖値を上げようとするのです。


このアドレナリンが不安やイライラ、焦り、恐怖などの
感情を揺り起こす物質でもあります。

つまり、甘いものを食べて少しして眠たくなってしまうと、
しばらくすると急にイライラや不安が起こってしまい、
パニック状態になってしまうことがあるのです。


やる気・集中が出来ない、眠気が起こる(過眠)、
イライラ、パニック、不安と言った症状は
「非定型うつ」と言われる基準に当てはまるものです。


これはうつ病ではなく、糖質の過剰摂取が原因で起こる生理現象です。
これをうつ病と思う方も多いと思いますが
これらは食事で改善していくことができます
posted by めいたろう at 00:00 | 心の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする